連帯保証人がいる場合の債務整理~保証人はどうなるの?~

連帯保証人がいる場合の債務整理~保証人はどうなるの?~

連帯保証人がいる場合の債務整理~保証人はどうなるの?~

 

連帯保証人がいる場合の債務整理

自己破産をした場合、連帯保証人が存在する場合はその方が支払いを代行することになります
当然金額によっては保証人の方が支払うことはできませんので、その方も自己破産をすることになってしまうのです。そのため保証人を用意するタイプの借り入れを行っている場合、自己破産をするなら保証人に相談して覚悟を決めてもらう必要があります。

 

債務整理の知識

勿論その方も駄目なら関係する方全てが自己破産をすることとなり、結果的に返済する方がいない状況まで持ち込むことになるでしょう

連帯保証人とはその方がお金を支払えなかった場合に支払う義務が生じてくるものです。

 

保証人はどうなる?

そのためお金を返せないと分かった段階で代行しなければならないのですが、自己破産をするということは相当な借金を背負っている可能性が高く、返済するのは容易ではありません。従ってその方にも自己破産をしてもらうよう説得し、借金が全て無くなる状態にしなければなりません

 

債務整理の連帯保証人について

保証人の自己破産も同じ弁護士に相談し、ある程度費用と手間を省く努力もしてください。そして保証人全てが自己破産によって借金が支払えない状態に持ち込み、返済をしなくてもいい状態にすることが必要となります。そのため連帯保証人がいるなら相談をして、最終的にどのような判断をするか決めなければなりません

債務整理を失敗しないためのコツ!

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

おすすめの記事

⇒失敗しようがない!弁護士の選び方 | 債務整理の相談室