債務整理したら※住宅ローンの借り換えって出来ないですか?

債務整理したら※住宅ローンの借り換えって出来ないですか?

債務整理したら※住宅ローンの借り換えって出来ないですか?

 

債務整理したら

毎月の借金の返済が大変な場合、債務整理をすれば毎月の返済額を減額出来ますから、返済が大変ならば債務整理をすればいです。ただ毎月の返済額の大部分が住宅ローンでしたら、話が違ってきます。住宅ローンは住宅が担保になっていますから、貸している銀行などの金融機関は、減額の交渉には応じてくれません。

 

住宅ローンについて


減額の交渉に応じない理由ですが、住宅に抵当権を付けていますから、債務者が返済不能になったら、抵当権を行使して住宅を競売にかけて融資額を回収出来るからです。だから債務整理をする時は、住宅ローンを外して債務の減額交渉をする必要があります。そして住宅ローンは融資をしている金融機関に期間延長とかで毎月の返済額の減額を頼むしかないです。

 

 

住宅ローン借り換えは出来ない?


しかし任意売却という方法なら住宅ローンの減額は可能です。任意売却は住宅を売って住宅ローンを払いますから、確実に減額が出来ます。ただ住んでいる家を売却ですから、実行しにくいですが、実行しなくても返済不能になれば競売になって住宅を取られますから、競売より高く売れる任意売却をした方がいいです。

 

債務整理と住宅ローン


それで任意売却をして、住宅の売却代金で住宅ローンを完済出来れば問題無く、完済出来なくて残債が残れば、それを債務整理で減額すればいいです。今度は住宅という担保が無いから、全く回収不能になるよりはと債務整理の交渉に応じてくれて、債務を減額してくれます。そして減額された債務を返済出来る額で毎月返済していけばいいです。

債務整理を失敗しないためのコツ!

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

おすすめの記事

⇒失敗しようがない!弁護士の選び方 | 債務整理の相談室